先輩社員からのメッセージ

スポンサーを獲得するために日々努力。
「TBCと一緒に仕事をして良かった。」と言ってもらった時に、
やりがいと達成感を感じます。

大阪支社 営業部
坂戸貴之

1997年入社/20年目

  • なぜ、この会社に
    入ったのですか?

    ラジオの仕事をしたいと思ったからです。ラジオは我が家では身近な存在でした。朝食時はテレビでなくラジオ、母はラジオを聞きながら内職、父はテレビのナイター中継の音声を消してラジオの実況を聞きながら観戦、私も布団の中でこっそりと深夜のラジオ放送を聞いていました。その頃から自分の中に占めるラジオの割合は高く、いつかはラジオ、放送業界へという想いが募り、入社試験を受けました。

  • 東北放送は
    どんな会社ですか?

    普段の生活でラジオ、テレビに接することがない日はないと思います。そんな日常生活に欠かすことのできないラジオ、テレビの仕事、それも報道、番組制作、スポーツ、営業、事業イベント等、放送に関わる全ての部門に携わる可能性を持つ企業です。

  • どんな仕事を
    担当していますか?

    TBCラジオ、テレビでCMを放送する「スポンサー」を獲得する仕事をしています。連日、スポンサー、広告会社へ足を運んで商談や打ち合わせを行う他、その商談を成立させるための企画立案、資料作成等のデスクワークも行います。また、大阪支社の担当エリアは、東は名古屋、西は九州までと西日本全般にわたるため、各地へ出張することも少なくありません。

  • 今の仕事のやりがいは
    どんなところですか?

    宮城県内民放各社(テレビ4局、ラジオ2局)でスポンサーの獲得は「競争」です。その競争に勝って、仕事が成立した時、また、スポンサーや広告会社の方々に「TBCと一緒に仕事をして良かった。」と言ってもらった時に、私はやりがいと達成感を感じます。

  • 就活中の
    みなさんに一言

    学生として就職活動を経験できるのは、今この時しかありません。長い人生で考えれば、ほんの僅かな時間です。この貴重な時間を充実したものにしてもらいたいと思います。そのために、決して己に妥協せず、常に自分を磨き、何事にも全力で、納得がいくまで取り組んで下さい。そして、最後まで自分自身を信じる。そうすることで道が拓かれるかと思います。

所属は平成29年3月1日現在

トップへ戻る