先輩社員からのメッセージ

様々な人の個性が光り、ぶつかる場所でもあるため、
自分にとっても良い刺激となり、
数々のことを学ばせていただいています。

報道制作局 テレビ制作部
鈴木雅人

2016年入社/2年目

  • なぜ、この会社に
    入ったのですか?

    単純ですが、「いろんな場所へ行って、いろんな事を知りたい!」という気持ちがキッカケでした。大学時代から宮城県で生活をしていましたが、社会人になってからも、初めて知ることはたくさんあります。そういった情報を視聴者の皆さんにお伝えしながら、自分の視野を広げていきたいと感じました。また、視聴者の方々との距離の近さもローカル局の魅力の1つであると思います。私が生まれ育った東北の地で根を張って、地域に貢献したいという気持ちで入社しました。

  • 東北放送は
    どんな会社ですか?

    就職活動当時に抱いていた「テレビ局」というイメージとは、良い意味でギャップを感じました。新人の自分に対しても優しく、時に厳しくご指導をいただきながら、日々業務を行なうことができます。様々な人の個性が光り、ぶつかる場所でもあるため、自分にとっても良い刺激となり、数々のことを学ばせていただいています。

  • どんな仕事を
    担当していますか?

    主に朝の情報番組「ウォッチン!みやぎ」・「サタデーウォッチン!」を担当しています。業務に関しては、フロアディレクター(番組運行)から取材、中継、VTR編集などがあります。年次に関係なく、様々な経験をさせてもらえるチャンスがたくさんあり、責任感のある現場です。

  • 今の仕事のやりがいは
    どんなところですか?

    自分が取材で感じたこと、現地の人たちの声を視聴者の皆さんへ伝えられることに尽きると思います。そこには、視聴者が何を知りたいのか、その目線に立って考えることが必要不可欠になってきます。その点に関しては、私もまだまだ未熟な部分が多く、経験を積んでいる最中です。そんななかでも「あのお店へ行ってみたいと思いました。」など反響があったときは、長い時間をかけて作業をしてきて良かったと感じられる瞬間でもあり、大変やりがいを感じます。

  • 就活中の
    みなさんに一言

    自分に正直になることが大切だと思います。自分の気持ちをストレートにぶつけることで、良い出会いが必ずあるはずです。等身大の自分で頑張ってください。

所属は平成30年3月1日現在

トップへ戻る