先輩社員からのメッセージ

テレビ業務の仕事は主に営業と制作、報道の調整です。
業務が間違えば、各所に迷惑がかかってしまうため、
常に正確性が求められます。

テレビ局 業務部
水沼ひかり

2017年入社/1年目

  • なぜ、この会社に
    入ったのですか?

    地元、福島で東日本大震災を経験したときにラジオを聴いていたことがきっかけで、それまで娯楽の一種だと思っていたラジオが、最大の情報源になると同時に、人の心を癒す媒体であることに気づきました。大学ではラジオゼミに入り、被災地のローカルメディアと故郷意識について研究していました。研究のフィールドワークで様々な人と出会う中で、東北放送の話を伺い、地元に根付きマスコミとしての軸を持った会社であるとの認識を持ちました。自分もその環境で放送に携わりたいと考え、志望しました。

  • 東北放送は
    どんな会社ですか?

    放送局というと華やかなイメージが先行するかもしれませんが、東北放送は真面目な方が多いと思います。宮城のためとはいかなることか、放送局とはいかなるものかを吟味した判断が多く、頼もしい先輩ばかりだと感じます。地味で固い印象の一方で、若手にもたくさんチャンスがあります。新人でも多くの仕事を任せられますし、アイディア次第で仕事や企画を作ることもできます。先輩方のサポートがあるため、失敗を恐れずに取り組むことができます。何気ない会話が新しい仕事のヒントになることもあります。余談ですが、会社からの景色は絶景ですよ!夜景も綺麗で、退勤時に癒されています★

  • どんな仕事を
    担当していますか?

    毎週月曜日午前9時55分からの「ONE SWITCH CAFE」という営業推進のための番組を担当しています。営業、制作の方々と原稿、撮影素材の管理、仲介を行い、収録、放送内容の確認をしています。取材に同行することもあります。内勤でも社外の方と接する機会があるため、丁寧な対応を心がけています。他にも、リズムダンスのコンクールの開催準備もしています。新しい事業のため前例が少なく、プレッシャーのある仕事ですが、自治体や学校を駆け回り、誠心誠意向き合うことがステップになると信じて取り組んでいます。

  • 今の仕事のやりがいは
    どんなところですか?

    テレビ業務の仕事は主に営業と制作、報道の調整です。業務が間違えば、各所に迷惑がかかってしまうため、常に正確性が求められます。無事に放送が終わることがやりがいです。また、「ONE SWITCH CAFE」の仕事が営業に直結することもあり、営業の方に「番組のおかげで、大きな提供が決まったよ」というお言葉や、実際にスポンサーの方に「次回も東北放送さんにお願いします」というお言葉をいただいた時は、日々の小さな積み重ねが実を結んだ瞬間だと感じました。

  • 就活中の
    みなさんに一言

    就職活動はフィーリングが大切です。私は東北放送の面接が一番自分の想いを伝えられたという点が、最終的な決断となりました。自分の想いを伝えることが出来、その想いを受け止めてくれる会社が必ずあります。そしてそんな環境が伸び伸びと成長できる場所であると思います。その職場があなたにとって、東北放送でありますように…*

所属は平成30年3月1日現在

トップへ戻る