先輩社員からのメッセージ

視聴者の方々の心を動かすことができたとき、
この仕事についてよかったな~と感じます。
自分の知らない世界を見られるところも魅力的です。

ラジオ局 アナウンス部
袴田彩会

2013年入社/4年目

  • なぜ、この会社に
    入ったのですか?

    東北放送はテレビ・ラジオ兼営局だということ。アナウンサーたるもの、話せる機会が多いとやはり嬉しいですよね! 初めて仙台に来た際、自然と都会が融合した様な駅前の雰囲気に魅了され、ここに住んでみたいと思いました。一度仙台で暮らすと出られない!という言葉をよく聞く程、住みやすいところです。それと、TBCのアナウンス部は雰囲気がとても良いという耳より情報を持っていました。皆さんには、今ここでお教えしておきます(笑)。

  • 東北放送は
    どんな会社ですか?

    TBCは好きなことを放送に反映しやすいです! 私は食べることが好きなので、食リポのあるロケに出していただくことが多く、いい思いをしています(笑)フリートークできる場も多いです。また、毎日放送に臨みやすいように良い雰囲気作りをしてくださるスタッフの皆さんや、親身になって話を聞いてくださる先輩方が大勢いて、温かい会社だと感じています。視聴者との距離もとても近いです。TBC夏まつりなど視聴者の方と触れ合う機会が沢山あります。県内各地に声をかけてくださる方がいて、勝手ながら家族のように思っています。

  • どんな仕事を
    担当していますか?

    現在は主に、平日朝の情報番組「ウォッチン!みやぎ」、金曜深夜のバラエティ「サンドのぼんやり~ぬテレビ」、ラジオの午後ワイド「ロジャー大葉のラジオな気分」の中のラジオカー(中継)を担当しています。その他、日々のテレビ・ラジオのニュース読みや、イベントの司会、スポーツ中継に携わることもあります。幅広い仕事を経験できるのもTBCの良さだと思います。

  • 今の仕事のやりがいは
    どんなところですか?

    視聴者の方々の心を動かすことができたとき、この仕事についてよかったな~と感じます。面白い・感動・共感・関心、どんな感情にせよ自分が伝えたことに対するリアクションがあった時の喜びはひとしおです。どんな表現をしたらより伝わるのか、いつも考えています。テレビとラジオでも表現方法は違います。この仕事に正解はないので、いつも反省がついてきますが、だからこそ次どのように工夫するかも面白いところです。また様々な方とお会いできますし、自分の知らない世界を見られるところも魅力的です。

  • 就活中の
    みなさんに一言

    宮城県は東日本大震災の被災地です。被災地について伝えることは簡単ではなく、私自身、日々勉強です。震災と真摯に向き合える方、伝えたいという熱い思いがある方! 悩んだ時には声をかけてくれる人がいます。是非一緒に働きましょう!仙台はご飯美味しいですよ~

所属は平成29年3月1日現在

トップへ戻る